歯周病が進行するとどうなるのか

歯を失う原因の第1位が歯周病です。日本人の30歳以上の約80%が歯周病か、その予備軍と言われています。歯周病の早期には自覚症状が少ないために感染に気付きにくく、気付いたときには進行していたというケースもあります。最初は歯茎から血が出る程度ですが、だんだん口臭がひどくなり、歯がぐらつくようになります。歯周病菌によりあごの骨が溶かされ、進行がすすむと歯を失ってしまうのです。

虫歯が起こる原因ランキング

インプラント
no.1

ミュータンス菌

虫歯の原因の1位はミュータンス菌です。この菌は歯垢を住み家とし、糖を分解し酸を作ります。この酸が歯を溶かすことで、虫歯になるのです。ミュータント菌を取り除くために、プラークコントロールが大切です。正しい歯磨きを行い、歯垢を除去しましょう。

no.2

間食による糖分

間食をよくする人は虫歯になりやすいです。お菓子やジュースは、糖質の中でもショ糖と呼ばれる種類の糖を多く含み、この糖は虫歯菌の大好物で、虫歯の原因です。甘いものが好きな人はそうでない人よりも虫歯になりやすいために、甘いものを控えたり、間食の後は歯磨きをすることが大切です。

no.3

遺伝による歯質や唾液

虫歯は、歯の表面をおおうエナメル質を溶かすことから始まります。エナメル質の厚さや密度は遺伝や加齢によって個人差があります。歯質が弱いと酸に溶かされやすく虫歯の原因になります。また、唾液は量が多ければ菌を中和しやすく、質が良ければ、抗菌作用によって菌の繁殖を抑えます。遺伝によって虫歯になりやすい人がいるのです。

定期的に歯科へ通院することが大事

歯科では磨き残しがあれば正しいブラッシングの指導をしてくれ、自分では落としきれない歯垢や歯石を取り除いてくれます。歯石は石のように固くなっているために歯磨きではとれません。歯石になる前に早めの検診が必要です。また、歯医者によってはフッ素塗布を行っているところもあります。虫歯になった歯は元には戻りません。虫歯や歯周病予防のためにも定期検診をおすすめします。

審美歯科と一般歯科の違い

審美歯科とは?

審美歯科は、虫歯や歯周病などの治療が中心の一般歯科とは違い、歯並びや歯の白さなど口元の美しさに焦点を当てた歯科医療です。審美歯科の目的は歯を美しくする事で、ケガや病気を治すのではないために自由診療となり、保険がききません。見た目を美しくすれば、かみあわせや歯並びも良くなり、歯や歯茎の健康にもつながります。

審美歯科での行われる治療

審美歯科の治療は主に、歯そのものを白くするホワイトニングや、人工のかぶせ物をして歯を白く見せるセラミック。歯の形や色、隙間を治療するラミネートベニアや歯並びを整えるインプラントや差し歯。また、歯茎の黒ずみを治療するガムピーリングや、ドライマウス、知覚過敏などの治療も行います。

歯を失ってしまっても落ち込まないで!歯科でできるコト

マウスピース

インプラント治療が注目を集める理由

インプラント治療では、失った歯と同じようなを自然な口腔を取り戻すことが可能なために、注目されている治療方法です。違和感を感じる入れ歯や抜けた歯の両隣を削らないといけないブリッジとは違い、残っている歯への負担が少なく、義歯をしっかり固定できます。あごの骨の厚みによってはインプラントができない場合もありますが、骨の移植や再生によって可能となるケースもあります。見た目だけではなくかむ力などの機能も取り戻せるために、食事がおいしく取れたり、会話を楽しめたりとメリットが多いのも注目を集める理由でしょう。

銀座の歯医者で虫歯を撃退☆

矯正歯科なら神戸で有名なここ♪

西新宿で人気な歯科医院を厳選紹介♪